診療内容

  • 一般歯科
  • 歯周疾患
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 予防歯科
  • スポーツ歯科
  • 東洋医学
  • いびき・睡眠時無呼吸症候群

スポーツ歯科

炭酸ガス(CO2)レーザーについて

ノンメタルデンチャーについて

歯科Q&A

院長コラム

アクセス

スポーツ歯科

大切な歯を顎を守りましょう

ケガの前の予防が医療費も少なくなる秘訣です。

マウスガード(口腔内保護装置)

マウスガードは、スポーツなどでの歯の破折や歯肉、舌、口唇のケガ、顎骨の骨折を予防し、また、脳しんとうなど脳へのダメージを軽減します。
さらに、しっかりとくいしばれることで瞬発力がアップするなど運動能力の向上と、装着している安定感から思い切ったプレーができるという心理効果もあります。

マウスガードが有効な場合

激しい動きのスポーツ

ラグビー、アメリカンフットボール、空手はもちろん、サッカー、バレーボール、バスケットボール、ラクロスなどに極めて有効。日本でも今後これらのスポーツでは装着が徐々に義務化していくようです。(欧米では義務化している競技も多い)

歯を強くかみしめるスポーツ

ゴルフ、スキー、スノーボード、テニス、野球、柔道、ウエイトリフティングにも有効。

成長期のお子様の歯の保護

現在日本の小・中学校の怪我の中で、他の外傷と比べて歯や口の中の外傷が多いのが事実です。このような時もマウスガードを装着していれば、歯と口腔内は保護されます。