診療内容

  • 一般歯科
  • 歯周疾患
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 予防歯科
  • スポーツ歯科
  • 東洋医学
  • いびき・睡眠時無呼吸症候群

スポーツ歯科

炭酸ガス(CO2)レーザーについて

ノンメタルデンチャーについて

歯科Q&A

院長コラム

アクセス

炭酸ガス(CO2)レーザーについて

炭酸ガス(CO2)レーザーとは

歯科医療におけるレーザー治療の歴史は古く、ある資料によると50年とも言われています。しかし、活用自体はこれまで非常に遅れておりましたが、近年はレーザーの研究が進むにつれて、その応用範囲が非常に広くなって来ました。さらに、治療効果だけでなく、体に対する負担が少ないという点で患者様にとっても大きなメリットがあります。

レーザー照射により、痛みや腫れの期間が以前よりも短縮できる効果があり、また、レーザーの波長を変えることにより、いろいろな治療に活用できます。

このような事でお悩みの方におすすめです。

炭酸ガス(CO2)レーザーによる治療効果

レーザーの波長の強弱により次のような効果があります。

  • 抜歯後の痛みの緩和、止血効果、治癒促進
  • 腫れている部位の切開、治癒の促進
  • 口内炎の痛みの緩和、治癒促進
  • 知覚過敏症の症状緩和
  • 根の治療の痛みの緩和、治癒促進
  • 歯肉が黒くなっている部位(色素沈着)の除去
  • 歯の漂白効果(ホワイトニング)
  • 顎関節症の症状緩和

当院では、患者様に、痛みを我慢してもらう治療から、出来るだけ痛くない、やさしい治療を提供できるように炭酸ガスレーザー治療を取り入れております。

1回の治療時間は数分で終わりますが、症状によっては、繰り返しの照射が必要になります。